朝食を抜き、夜に食べても減量は可能

トレーナーに言われました?


「朝食はしっかり食べて、夜はあまり食べないようにすると痩せます」


何年も念仏のように繰り返されたことにより、この内容に異を唱える人はあまりいないのではないでしょうか。


これまでの経験を踏まえると、『消費カロリー>摂取カロリー』のバランスが継続的に保たれていているのであれば、食事量の配分に関わらずあなたの体脂肪率は下がっていくでしょう。


朝食を控え、夕食の絶対量が多いにもかかわらず減量に成功した方に聞いた内容を紹介します。

・夜に炭水化物を食べた方がリラックスできるし、寝つきが良い

・夜中に空腹で目が覚めてしまい、ストレスを感じた

・朝食を抜くか軽く済ませた方が、朝すぐに集中してトレーニングできる

・午前中は忙しいので、朝食を抜く方が時間が効率よく使える


逆に、朝ご飯派の方でも減量に成功した方は数多くいます。


つまり、食事管理の基本的なルールを守りさえすれば食事のタイミングとそれぞれの量は個人の好みによるということです。


まず私がおすすめするのは、摂取カロリー数とその内訳となるたんぱく質、炭水化物、脂質のグラム数を定期的にウォッチする方法です。


自分に合った方法で脂肪減少を成功させたい方はこちらからお問い合わせください。

有資格のパーソナルトレーナーが、減量プランを個別作成します。


DISCOVER OUR WORLD
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

© 2019 by TUDOR'S Co. Proudly founded to improve the quality of your life