運動しないと筋肉が脂肪に変わる?

「トレーニングをやめると、筋肉が脂肪に変わってしまう」


と考える人は多く、それを理由にトレーニングをしない方(!)もいるのではないでしょうか。


「やめたらすぐにリバウンドするのだから、厳しいトレーニングをする意味もないのでは?」


まず、筋肉は脂肪に変わることはありません。脂肪も筋肉にはなりません。

なぜなら、脂肪と筋肉は全く異なる2つの物質です。


筋肉量は増減します。脂肪量も同じように増えたり減ったりします。


正しいトレーニングと食生活によって脂肪量を減らし、筋肉量を増やすことは可能なので、(その逆もあり得ます)芸能人やセレブリティーが短期間で減量に成功した際には、脂肪が筋肉に変わったように思えてしまうのです。


現実的には、失ったすべての脂肪を筋肉に置き換えたり、筋肉量を減らさずに脂肪量を短期間で減らすことは難しいでしょう。


もしあなたが今から減量と筋量の増加を同時に目指しているのであれば、少しだけ筋量を増やし、より多くの脂肪を減量するという目標を設定すべきです。


自分に合った具体的なトレーニング&食事プログラムを作成したい方はこちらからぜひお問い合わせください。





DISCOVER OUR WORLD
  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black YouTube Icon

© 2019 by TUDOR'S Co. Proudly founded to improve the quality of your life