食事メニューは固定化する

長く人気が続く映画シリーズやスポーツの秘密は、終わりが予想できることです。


どのようにはじまり、終わりに向かって何が起こるのかが実際に見なくてもわかるのです。


例えばサッカーのワールドカップであれば、予選を勝ち抜いたチームがトーナメントを勝ち抜き、最終的にはどこかの国が1位になる(いつか日本がなればいいですね!)、という流れは毎回変わりません。


高い人気を保てているものは大抵このように基本は変わりません。


この黄金ルールは、私たちの食事にも当てはめられます。


毎回ルールを変えて、新しい食事法や食べるものを考える必要はありません。逆に、『一定の基本』を押さえてそれを継続させることが、目標を達成することにつながるのです。


例えば、脂肪を減らし、体重を落とすことが目的なのであれば、ランチメニューとディナーメニューをそれぞれ2-3種類考えます。その際に「カロリー」と「基礎栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質)のグラム数」はどのメニューも同じくらいになるようにしてくだい。


そして、毎日これらのメニューを混ぜながら食事をとっていくのです。


▼食事メニューは9通りのパターンで固定化!