砂糖は悪い?正しい考え方

砂糖(シュガー)をとりながらも痩せることは可能です。


まず、よくテレビやダイエットマガジン、そして新米トレーナーから聞く「脅し文句」をご紹介します。


1. 砂糖は、炭水化物の過多、インスリンを爆発的に高めて多くは脂肪になります。


2. 砂糖は成長ホルモンの分泌を台無しにし、身体を若く保つことが難しくなります。


3. 砂糖は肌の状態を悪くして、ニキビや湿疹の原因となります。


4. 砂糖は歯を溶かします。


5. 砂糖は身体のインスリン反応を鈍らせ、糖尿病の原因になります。


などなど...


もしあなたの目標が痩せることなのであれば、砂糖を多く含んだショートケーキやカントリーマアム、キットカット、そしてハーゲンダッツのような食べ物の摂取を控えるようにすることは、「正しい方向」です。


ただし、それは砂糖の摂取だけが問題ではありません。